新潟発!ポストに届く日本酒定期便「SAKE POST(サケポスト)」|評判・口コミを徹底調査

SAKEPOST

SAKE POSTの日本酒定期便を始めたい!
契約期間とかプランが知りたいな。

サブスクは長く続ける前提のものなので、始める前に自分に合うかどうかしっかり下調べをしたいですよね。

本記事ではSAKE POSTの評判や料金プラン、メリット・デメリットをわかりやすく解説しています。

SAKE POSTをまとめると…
  • 毎月ポスト投函でお試しサイズ(100ml × 3銘柄)の日本酒が届く
  • 料金プランは 1,210円/月+送料264円
  • SAKE POSTの最低契約期間は3か月
  • 届く日本酒は選べない
ハナちゃん

SAKE POSTを始めようか悩んでいる人はぜひご覧ください!

\ ポストで受け取る定期便!

タップできる目次

SAKE POST(サケポスト)とは

sakepost サケポスト
より引用

SAKE POSTは、株式会社FERMENT8が運営するポストで受け取る日本酒の定期便サービス。毎月おまかせ3酒蔵の日本酒(100mlずつ)が、ヤマト運輸のネコポスで届きます。

ハナちゃん

酒どころ新潟発!新潟の酒蔵を中心に日本酒を選定します✨

より引用

100mlの少量パウチでお届けになるSAKE POST。このような人にお勧めです。

  1. 色々な日本酒を少量ずつ試してみたい
  2. 四合瓶を買っても、飲みきれずに余ってしまう
ビアグマ

お酒の銘柄や酒造情報は、パウチのQRコードからチェック!

サービス名SAKE POST
提供形式パウチ系
取り扱い範囲・種類・新潟県を中心とした地域の地酒
・提携酒蔵40蔵
お届け本数
お届け頻度
100ml × 3銘柄
独自のサービス・飲んだお酒の感想を直接酒蔵に送信できる
・最低12か月間はお届けした銘柄と違う銘柄をお届け
料金/月日常酒プラン 1,210円/月(税込み・送料264円)
吟醸酒プラン 1,980円/月(税込み・送料264円)
スキップ事前の手続きで次回1回分のお届けをスキップ
※マイページ「プラン管理」から手続き
 該当月のクレジット決済完了後のスキップは不可
契約期間3か月(3か月経過後はいつでも解約可)
※マイページ「プラン管理」から「プランを解約する」ボタンから手続き

2022/5/10 スキップ機能が追加されました!

SAKE POST(サケポスト)の口コミと評判

SAKE POST利用者の口コミを見ていきます。

良い口コミ

酒蔵とのキョリが近い

コミュニティで繋がれる

多くの銘柄を飲み比べできる

冷蔵庫でかさばらない

量が飲めないけれど日本酒が飲みたい人にも

日常の楽しみになる

悪い口コミ

銘柄を調べるのがちょっと面倒

サブスク価格が高い

ハナちゃん

始めたいけど始めていない人はコスパを気にしている印象でした。

ワインポストが気になる人は

SAKE POST(サケポスト)のメリット・デメリット

メリット・デメリット

SAKE POSTのメリット・デメリットをまとめました。

デメリット
メリット
  • コスパが悪い
  • 届く日本酒は選べない
  • 日本酒をたくさん飲む人には量が少ない
  • ポストに届くので不在でも受け取れる
  • 瓶でなくパウチなので場所を取らない
  • ブラインドテイスティングや3銘柄の日本酒の飲み比べができる
  • 飲んだ感想をユーザー同士で共有できる
  • 酒蔵との距離が近くなる
  • 瓶だと飲み切れない人でも色々な日本酒が試せる

メリット:不在でも受け取れる

ポストで受け取る

SAKE POSTはポスト投函なので、不在でもかんたんに受け取ることができます。

忙しい現代人にはうれしいサービスですね!

メリット:パウチなので場所を取らない

SAKE POSTではスッキリしたデザインのパウチで日本酒が届きます。

四合瓶でも冷蔵庫の場所をふさいでしまうので、コンパクトな飲み切りサイズは便利!日本酒が残って酸化してしまうこともありません。

メリット:ブラインドテイスティングできる

SAKE POSTのパウチには銘柄が記載されておらず、銘柄を知りたいときは商品裏面のQRコードを読み込みます。

これは先入観を持たずに日本酒を味わってほしいというSAKE POSTのこだわり。同時に3つの銘柄が届くので、飲み比べをすることもできて色んな楽しみ方ができます!

メリット:飲んだ感想を共有できる

SAKE POSTでは飲んだ地酒のアンケートに答えると、その情報がデータ化。他のユーザーの感想もグラフ化されて見ることができます。

ほかの人の感想も読めると、ひとりで飲んでいてもひとりじゃない感じがして良いですね。

メリット:酒蔵との距離が近くなる

SAKE POSTで届いたお酒の感想は、直接酒蔵に送ることができます!

酒蔵から返信が来ることもあるようなので、日本酒好きにとっては貴重なコミュニティと言えそうです!

メリット:色々な日本酒が試せる

日本酒は四合瓶でも720ml。度数も高いので、すぐには飲み切れない人も多いですよね。

このように瓶だと飲み切れない人でも、SAKE POSTのパウチだと少量で色々な日本酒が試せます。

日本酒を飲んでみたいけれど、飲み切る自信がなくて手を出せなかったという人に嬉しいサービスです!

デメリット:コスパが悪い

SAKE POSTの日常酒プラン(1,210円)は1パウチ 100mlで400円ほど。

市販のワンカップは180mlで220円ほどなので、ちょっと割高感がありますね。

しかし新潟の小さな酒蔵の地酒はなかなか手に入るものではありません。貴重な体験を買っていると思うと、じつはコスパが良いのかも?

デメリット:届く日本酒は選べない

SAKE POSTの日本酒は、新潟を中心とした地域の「地酒」の中からランダムに選ばれるためユーザーが選ぶことはできません。

ハナちゃん

何が届くかはお楽しみ!

デメリット:日本酒をたくさん飲む人には量が少ない

SAKE POSTのプランは、1パウチ 100ml×3銘柄で合計300ml。

日本酒をたくさん飲む人にとっては内容量が少ないですね。たくさん飲みたいという人は、四合瓶や一升瓶を買うのが良いかもしれません。

SAKE POST(サケポスト)の料金プランは?

SAKE POSTの料金プランは2つ。この2つをセットにしたダブルプランにもできます。ダブルプランは単純に日常酒プランと吟醸酒プランを足した金額で、割安にはなりません。

ハナちゃん

プラン一覧で確認!

料金プラン月額料金送料内容量お酒の種類
日常酒プラン1,210円264円100ml×3銘柄本醸造、純米酒、普通酒のいずれか
吟醸酒プラン1,980円264円100ml×3銘柄純米吟醸、純米大吟醸、大吟醸、吟醸酒のいずれか
ダブルプラン3,190円528円100ml×3銘柄×2日常酒+吟醸酒
※すべて税込み

まとめ

  • 毎月ポスト投函でお試しサイズ(100ml × 3銘柄)の日本酒が届く
  • 料金プランは 1,210円/月+送料264円
  • SAKE POSTの最低契約期間は3か月
  • 届く日本酒は選べない

SAKE POSTを企画プロデュースする㈱FARM8が㈱ヘリテージと業務提携し、㈱ヘリテージが運営するお試しワインの定期便「旅するワインポスト(WINE POST)」がリリースされました。

日本酒ではなくワインでお試し定期便をしてみたい人はワインポストをのぞいてみてください!

ビアグマ

最後までお読みくださりありがとうございました!

\ ポストで受け取る定期便!

タップできる目次