おつまみのサブスク「ツマミクル」の評判・口コミを徹底調査!副菜にもなるご当地おつまみとは?

ツマミクル
ハナちゃん

ツマミクルは乾きモノじゃないおつまみがたくさんあるって本当?夕飯の副菜にもなるなら頼んでみたい!

ツマミクルは、まだ世に出回っていないけど美味しいご当地おつまみを厳選して自宅に届けるサブスクリプションです。

まだまだ家飲みが多い、晩酌のおつまみがワンパターンで困っているという人は必見!

ツマミクルのポイント
  • 3,800円/月(税込み・送料込み)で5~7品のおつまみが届く
  • 世に出回っていないけど美味しいモノを日本全国から厳選!
  • 食卓にも出せる「副菜」になるおつまみ
  • 添加物が少なく、賞味期限が長いもの(1か月以上)が多い

本記事ではツマミクルの評判や、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。

ツマミクルのおつまみ一例
ハナちゃん

日本酒にも合いそう!

タップできる目次

ツマミクルとは

ツマミクル公式サイトより引用

食のショールーム・パルズが運営するおつまみの定期便「ツマミクル」。

飲食業や農業の現場に携わってきた食のネットワークを生かし、日本全国の生産者から直接会話して厳選したおつまみが届きます。

ビアグマ

「鶏もも一本カレー」はパルズの人気商品!

サービス名ツマミクル
受け取り専用BOX(段ボール)にて配送
料金/月3,800円/月(税込み・送料込み)
※九州・沖縄・北海道は4,200円/月(税込み・送料込み)
※伊豆諸島の一部および小笠原村(小笠原諸島)には送れません
お届け回数1回/1か月
※毎月1~7日にお届け
独自のサービス添加物が少なく、国産原材料がメインのおつまみ。
日本全国のご当地おつまみで全国を旅する気分を味わえる。
内容量おつまみ 5~7品
契約期間初回お届け後から解約できる
※毎月19日までに手続きを完了すると翌月配送分から解約となる
2022年4月のお届け例

クリケッター木村昇吾さんが紹介!

クリケットの世界最高峰プロリーグであるインディアン・プレミアリーグに挑戦中のクリケッター木村昇吾さんが、ツマミクル代表・延原武史さんとともにツマミクルを紹介しています。

ツマミクル自慢の美味しいおつまみを実際にいくつも試食しているのでおつまみの雰囲気が知りたい人はチェック!

ビアグマ

阿武隈のもみじ漬け、燻製玉子、秋刀魚のトマトソース煮などなど

→ツマミクル代表が紹介しているYouTube動画

解約方法は?

解約は、専用フォームに必要事項を入力して送信します。

毎月20日を過ぎ、発注が確定したお届けはキャンセルができないのでご注意ください。

ツマミクルの評判・口コミ

ツマミクルを実際に利用している人の口コミを集めました!

全国各地の珍味が届く

厳選おつまみが美味しい!

日持ちするモノが多い

アレンジいろいろ

ツマミクルかオツマミーか

一日の楽しみに

厳選されたおつまみに満足しているという声が多かったです。

→「久世福商店」のおつまみも知りたい

初回のお届けセットは?

ツマミクルで初回にお届けとなるセットはお得なおまけ付き。スタッフおすすめの逸品を集めた初回セット内容をご紹介します。

どれも開封してすぐ手軽に食べられるモノばかりです!

ツマミクル初回セット
初回セット内容
  1. スライスいぶりがっこ(秋田・高関上郷農場さん)
  2. 手間がかかるくんせいたまご(福島・スモークハウスさん)
  3. いわしのアヒージョ(青森・ヤイチさん)
  4. クリームチーズの味噌漬け(福島・みそ漬処 香の蔵さん)
  5. 尾道猫豆(広島・亀田商店さん)
  6. かつおのたたき風蒲鉾(福島・貴千さん)
  7. 鶏もも一本カレー(岩手・とりもとさん)

①スライスいぶりがっこ

大仙市の藤井さんは大根を育てるところから、燻し、漬込みも自分たちで。着色料やを使用せず、素朴だけど、どこか洗練された味わいです。まずはそのまま食べてほしいです。

②手間がかかるくんせいたまご

厳選した卵を、全8工程の手作業で、何日もかけて出来上がります。固い殻の中まで味がしっかりしみ込み、黄身がぼそぼそしていないのが特徴です。

③いわしのアヒージョ

地元の女性たちが働くヤイチさん。丁寧な細かい仕事がウリです。八戸産の新鮮で脂ののったイワシと、青森県産のニンニクを使用し、骨まで丸ごと食べられます。

④クリームチーズの味噌漬け

1940年創業以来、きゅうりの漬物を作ってきた香の蔵さんの味噌漬けシリーズ。わさびや黒胡椒を添えても美味しいです。

⑤尾道猫豆

尾道の商店街にある商店で売っている豆菓子シリーズ。1袋に甘いの、辛いの、しょっぱいのと10種類の味わいが詰まっています。

⑥かつおのたたき風蒲鉾

いわき市小名浜漁港は、東北でも有数のかつおの水揚げ港です。いわきのふるさとの味「かつお文化」の特長はニンニク醤油で食べること。かつおを50%以上も使い、薬味を練りこみました。常温保存で手軽な蒲鉾です。

⑦鶏もも一本カレー(おまけ)

ツマミクルスタッフもお気に入りのチキンカレーをおまけにプレゼント。鶏ももが丸ごと1本入っています。玉ねぎやにんにくは自家農園で作ったもの。スパイシーだけど辛すぎない、小麦粉不使用でさらっとしながらも、味わいはしっかりです!

※各説明はツマミクル公式サイトより引用

ハナちゃん

どれも常温保存でいいのがうれしい✨

ビアグマ

冷凍保存のおつまみが届く月もあるよ!

初回限定ミニパックもある

期間限定で、初回限定ミニパックが登場しました。初回のみ1200円(九州・沖縄・北海道の方は1600円・税込み)で、家飲み定期便ツマミクルの人気商品の中から3点を詰め合わせてお届けします。

2回目以降は通常通りに3800円(九州・沖縄・北海道の方は4200円、すべて税込)にて商品5~7点がお届けとなります。

ビアグマ

ミニパックの商品3点は月ごとに変更されます!

ハナちゃん

ミニパックでツマミクルが合わないと感じたら、19日までに解約手続きをすると翌月のお届け分から解約できます。

ツマミクルのメリットは?

ツマミクルのメリットをまとめました。

  1. 日本全国のご当地おつまみが届く
  2. 新しいおつまみと出会える
  3. 食べたいときに手軽に食べられる
  4. 普段の食事の副菜にもなる
  5. 添加物が少ないものにこだわっている
  6. 賞味期限が長いモノ(1か月以上)が多い

①日本全国のご当地おつまみが届く

ツマミクルでは毎月、日本各地から選りすぐりのご当地おつまみが届きます。

なかなか旅行に行きづらい日々が続いていますが、ツマミクルのおつまみで全国を旅する気分を味わうことができます。

ハナちゃん

どんなおつまみかは届いてからのお楽しみ!

②新しいおつまみと出会える

全国各地の生産者と繋がるツマミクルのバイヤーが、まだ世に出回っていないけど美味しい!みんなにも知ってもらいたい!というおつまみを厳選しています。

利用者は、毎月自分では選ばないようなおつまみだったり、初めて知るおつまみだったり、新しい出会いをすることができます!

③食べたいときに手軽に食べられる

ツマミクルから届くのは少量、小袋タイプのおつまみ。食べたいタイミングで簡単に食べられるおつまみばかりです。

自分で調理しなくても、手の込んだおつまみでお酒を飲むことができるのは嬉しいですね!

④普段の食事の副菜にもなる

乾きモノよりもレトルト食品だったり冷凍されたモノだったりと凝った一品が多いツマミクルのおつまみ。

夕飯の一品に加えることもできるので、副菜を作る手間も省けて美味しく晩酌もできて一石二鳥です。

ビアグマ

夕飯の食費と考えると、5~7品で3,800円は安いかも!

⑤添加物が少ないものにこだわっている

化学調味料無添加ではないですが、できるだけ添加物が少なく素材や調味料の味が生きているものが選ばれています。

⑥賞味期限が長いモノ(1か月以上)が多い

賞味期限は1か月以上のものがメインで、短いものは20日前後です。小さなギフトバッグ(紙袋)が同梱してあるので、プレゼントや手土産などにも活用できます。

ツマミクルのデメリットは?

ツマミクルのデメリットをまとめました。

  1. おつまみを自分で選ぶことはできない
  2. スキップするには問い合わせが必要
  3. 値段は安くはない

①おつまみを自分で選ぶことはできない

ツマミクルは毎月新しいおつまみを楽しむサービスを目指しているため、現在はおつまみを選ぶことはできません。

②スキップするには問い合わせが必要

ツマミクルの注文をスキップするには、メールで問い合わせる必要があります。

毎月20日を過ぎると発注が確定するため、お届けがキャンセルできなくなるため早めに連絡しましょう。

info@tsumamikuru.com

③値段は安くはない

ツマミクルの料金プランは、3,800円/月(九州・沖縄・北海道の方は4200円/月 税込み・送料込み)となっており安いとはいえません。3,800円で5~7品のおつまみが届くので、おつまみ1つあたり542~760円。

おつまみのサブスク「ツマミクル」の評判・口コミを徹底調査!副菜にもなるご当地おつまみとは? | まとめ

  • 3,800円/月(税込み・送料込み)で5~7品のおつまみが届く
  • 世に出回っていないけど美味しいモノを日本全国から厳選!
  • 食卓にも出せる「副菜」になるおつまみ
  • 添加物が少なく、賞味期限が長いもの(1か月以上)が多い

同じおつまみのサブスク「オツマミー」は、乾きモノが中心でお値段は半額ほどとタイプが違います。ツマミクルと比較してみると面白いですよ!

オツマミーの詳しい記事

タップできる目次